旅行一覧

飛行機に乗ってお散歩に(シラーズ)

(2020/6/27)
去年(2019年)、生まれて初めて、飛行機に乗ってお散歩に行きました。とっても楽しかったのでその話を。イランの話です。


まずはさかのぼって2018年から。雑文で紹介しているピノキオと出会った時です。
イランに通いだして4回目。週末に初めてイラン国内の小旅行をしました。イランは英語が通じないことも多く、文字も(勉強しない自分が悪いんですが)数字すら読めないので、旅行の敷居が高いです。若いころのようなチャレンジ精神も薄れてきちゃってるし。でも、徐々にイランで友達もできたので、何とか僕でも旅行ができるかな?行先は、シラーズ。


テヘラン発、シラーズ行きの飛行機がけっこう遅れて、言葉も文字もわからないので気疲れしました。テヘランの国内線用の空港は、僕にとっては難関です。でも何とか無事にシラーズに到着。友達と会えて、とても楽しい週末の小旅行のスタートです。夜に出歩いたのもこの時が初めて。

 

 

 


ガイドさんを雇ってペルセポリスにも行きました。

 

 

 

シラーズのバザールにも行ってショッピング。イランはすごくオシャレなんですよ。

 

 

 

シラーズは見所が盛りだくさん。いろんな素晴らしいところに案内してもらって、週末の小旅行を大満喫できました。なかでも素晴らしかったのが、ピンクモスク。朝早くに行くのです。ステンドグラスから差し込む朝の光が、超絶素晴らしい!

 

 


見所、とは全く違いますが、夜のお散歩にも行きました。政府が何年か前に作った自転車専用道路。でも付近に自転車を持っている人がほとんどいなかった。だから夜にはわさわさ近所の人たちが集まってきて、お散歩している。気持ちいいよ!とのこと。僕たちも、いろいろお話しながらゆっくりお散歩をして、一軒だけある屋台のコーヒーショップでコーヒーを飲みながらだべって、楽しい時を過ごしました。イラン人はピクニックが大好きなので、道端にカーペットをひいてピクニックしてる人たちもたくさんいます。

 

 

 

このステキなお散歩体験。けっこう考えてしまいました。


当時の僕は、健康も少し気になりだしたのでスポーツジムに入って、でも運動をするのは面倒くさいので週に2回ヨガを始めていたのです。でも長年ダラダラと働く癖がついていたので、この週にたった2回のヨガに行くのもスケジュール調整が大変。


イランはこの時期、アメリカの経済制裁でかなり疲弊していました。でも、このお散歩体験では、豊かさってなんだろう?と混乱してしまいました。たくさん働いて、お金を稼いで、そのお金を使って一生懸命スケジュールを空けてジムに行って、何とか体調管理をする。何かいろんなところで空回りをしてる気がします。適度に働いて、家族や趣味の時間をたくさん持って、夜は気持ちよくお散歩。とか、素敵だし、豊かです。


シラーズの人たちが日本よりも環境的に有利なのは、雨の少なさですね。雨が少ないと、カラっとしている日が多いので、みんなよく外に出ます。昼に暑くても結構夜は涼しくなります。年間降水量が200ー300mm程度の半乾燥地だと、たくさん屋外で楽しめますね。こういう、夜に屋外で楽しむ文化、シラーズは以前少し暮らしたスペインのアンダルシア地方と似てるな、と思いました。半乾燥地って住みやすそう。


こんな感じでとっても満喫したイランでの初めてのプライベートな小旅行。たくさんの観光地を大満喫しましたが、一番素晴らしかったのがこの「夜のお散歩」。二番目が友達と過ごす時間です。家庭料理とか、家の庭でだべったりとか。外国での普通の暮らしって、観光ではなかなか味わえないので。


---

それから1年後の2019年、また週末の小旅行でシラーズに行くことにしました。目的は「夜のお散歩」。お散歩をしに、飛行機でシラーズへ。ってカッコいいな!と思って。


結果的には、夜のお散歩自体はできなかったのです。「そんなにお散歩が好きなら、もっと本格的なお散歩を用意するよ!」ということで、ガッツリ歩き回るハイキング&ピクニックになりました。イランの人たち、ハイキングも大好きです。行先は、廃墟になった山麓の村。昔は小さな村がありましたが、そのうち人が居なくなって廃墟になりました。でも最近、その廃墟の建物を再利用したオシャレなお店もチラホラ出てきて、若い芸術家なんかも住みだして、隠れた人気スポットになりつつあるとか。廃墟ってワクワクします。

 

 

 

前回行って素晴らしかったピンクモスクにももう一度行きました。ここは最高です。

 

 

これ以外にも素晴らしいことが盛りだくさん。夜の街もとってもきれいだし、賑わっています。乾燥地の夏の夜は気持ち良いですね。またまた楽しい小旅行でした。

 

 

 

 

テヘランでも、仕事仲間が彼らの一押しのチャイハネ(=喫茶店)に案内してくれて、とっても楽しかったです。イランは良い人がいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年06月27日